違法金融業者

違法業者に要注意

全国には数多くの金融業者がありますが、その中でも一番多いのが中堅規模の消費者金融です。また、地方へ行けば個人経営のマチ金も多く存在しています。

そういった金融業者は、営業するにあたって貸金業協会へ登録をした上で、貸金業規制法に則った金銭賃借業務をしなくてななりません。貸金業規制法では、上限金利や取り立てについての規制がありますので、昔のような暴力的な金融業は出来なくなっています。

では、すべての金融業者は貸金業登録をして営業をしているのかと言いますと、中には非登録で営業をしている業者も存在します。そういった業者は、いわゆる違法業者に属しますので、公になると刑罰に処せられることとなります。

主な違法業者の種類は以下のようになります。

  • 090金融
  • システム金融
  • 照会屋
  • 換金屋
  • チケット金融
  • 年金担保金融
  • 整理屋

換金屋の正体

WEBサイトで多いのは、換金屋です。換金屋は、申込者が持っているクレジットカードで商品を購入させて、それを安い値段で買い取って、更に買い取った商品をディスカウントショップなどに転売して、その差額で儲ける業者です。

ネット上で「無審査で融資可能」といった広告文を掲載しているのは、殆どこの換金屋です。別名、クレジットカードの現金化とも言いますが、無論こういった業者は金融業者でも何でもなく、違法業者になります。

0

違法業者に遭わないためには

多重債務になってくると、審査に通る金融業者は少なくなってきます。どうしてもお金が必要な際、違法業者でも何でもいいから、とにかくお金を貸してくれる金融業者を選んでしまうことは仕方ありません。

しかし、後々のことを考えれば、ちゃんとした貸金業登録をした正規の消費者金融を選ぶべきです。

対策として、予め緊急にお金が必要になった際に借りれる金融業者を探しておきましょう。その時になって慌てるから違法業者に遭ってしまうのであって、予め探しておいたら直ぐに対処できるでしょう。

正規の金融業者とは、貸金業登録をしている業者で、登録番号をきちんと記載していることが条件です。また、上限金利もしっかりチェックしておきましょう。