最終更新日 2017.5.28

ネットで人気の低金利消費者金融はどこ?

大手銀行系消費者金融
借入利息 4.9%〜17.84.5%
審査 web完結(限度額300万円以内なら原則所得証明不要)
評価 評価5
最大限度額500万円まで、おまとめが可能

女性向けレディースローンや一定期間利息不要の無利息ローンなどが完備!
低金利に設定されていますので、安心してキャッシングができます。
お財布代わりに上手に利用すれば豊な生活を送れます
ネット完結なので、金融会社の窓口へ出向く必要もありませんし、
審査の可否もすぐにわかります。即日融資も可能なので、急なお金の入用の際に活用すると便利です。

大手消費者金融

大手消費者金融のメリット

  • 金利が低い
  • 銀行やコンビニのatmが利用可能
  • 信用が上がれば限度額が高くなる
  • 一定期間利息のかからない無利息ローンがある

第二位中小消費者金融
借入利息 8.0%〜18.0%
審査 web完結 来店不要
評価 評価5

0

全国のセブン銀行ATMでご利用可能

女性向けレディースローンや一定期間利息不要の無利息ローンなどが完備!
低金利に設定されていますので、安心してキャッシングができます。
お財布代わりに上手に利用すれば豊な生活を送れます
ネット完結なので、金融会社の窓口へ出向く必要もありませんし、
審査の可否もすぐにわかります。即日融資も可能なので、急なお金の入用の際に活用すると便利です。

中小消費者金融のメリット

  • 審査基準が甘い
  • 借入件数が4件以上でも融資が可能
  • 金利も法定金利内で低金利

金利

『一定期間利息が付かない無利息ローンが完備』
『女性専門のレディースローンが完備』
『金利が10%以下の低金利キャッシング』

 

一ヶ月で15%の利息の目安にされている人が大半かと思います
しかし長期借入になってくれば利息が低いのと高いのでは大きな違いがあります。 『即日融資』『審査がやさしい』といった広告に惑わされて、金利の高いローン会社から借りてしまわないことが肝要です。

 

重要なことは確実に低金利のキャッシングローンを活用することです。
そこで、どうすれば低金利でキャッシングすることが出来るのかをご紹介したいと思います。

【低金利でキャッシングするための審査基準】

まずは、各金融会社の金利を比較してみましょう。

 

金融会社によっては事前審査などもありますので活用してみましょう。

 

もしも審査に通る自信がなければ、一ランク落ちすのも良いでしょう。

 

定職に就いていない無職の方は100%審査には通りません。

 

消費者金融の借り入れ審査で重要なことは以下の項目になります。

 

お金を貸す側にすれば、貸したお金が戻ってこないのが一番のリスクなので、毎月決められた日に確実に返済を
してくれる顧客が望まれているわけです。
・現在の借り入れ総額が年収の三分の一以内であること。
・過去五年以内に自己破産などの債務整理をしていないこと。
・定職に就いており、毎月決まった収入があること。
・現在の他社からの借り入れ件数が三件以内であること。
主な審査基準は上記の四点になります。
更に、各金融会社独自の審査基準があります。

総量規制施行の影響

お金

消費者金融業界は総量規制で低迷した後、貸付残高については徐々に回復の兆しを見せています。
新規顧客の開拓が頭打ちになったことや優良顧客に対する貸付額を増加させたという事情もありますが、
返済に問題のない顧客ならば50万円の枠を超えて100万円 、あるいは150万円と積極的に貸し付けていたりもします。

 

ただ、貸付残高こそ増加したものの、基本的に市場は成熟度を増して限度にあるといえるでしょう。更に失業者の増加、自己破産の急増などで貸倒償却額、貸倒引当金繰入額は増える一方でもあります。

 

この負担は経営に深刻な影響を及ぼしており、大手消費者金融業者は揃って経常利益は減少しているのが現状です。消費者金融大手の成長神話は陰りが見え、業界は今大きな曲がり角にさしかかっているといえるでしょう。

 

もう一つ消費者金融業界にとって脅威となりうるのが外資系の攻勢でしょう。これまで大手5社と呼称され、莫大な利益を誇ってきたものの、外資系の参入によってその牙城が崩されようとしています。

 

金融革命で業界間の垣根が少なくなったことで最も恩恵を受けたのも消費者金融業者でしょう。

 

消費者金融市場は一時期の急成長の時代から、その伸びも鈍化が見えてきています。しかも不況が深刻化するとともに多重債務、自己破産などが増えて貸倒償却金増加して経営を圧迫してきました。

 

そこで成長余力が高くイメージアップにも繋がるクレジットカード業界に進出しようと大手消費者金融は活発な動きをしたのです。の方は一ヵ月後も体重があまり変わっていないかもしれません。

 

預金担保貸付

0

銀行が消費資金を融資する場合、預金担保貸付と消費者金融の二つがあります。定期預金の中途解約のかわりに同額を定期預金の期日まで貸すという場合は、預金者本人の意思が確認できる限り無条件に融資します。

 

一方、消費者金融には、資金使途の定めのない一般消費者資金を融資する場合、自動車などの耐久消費財の購入資金を融資する場合、住宅ローンの三種があります。

 

このうち一般消費者資金については、パーソナルローンなどと呼称して制度的に行っている銀行もありますが、担保や債権管理の点で問題もあり、一般にはカード会社など個人貸付専門会社の保証のもとに貸付を行う手法も採用されています。

 

無人契約機について

主婦

今や街の何処にでも存在するのが消費者金融の無人契約機です。
借りたいけど恥ずかしいといった借り手の心理を上手にとらえた
システムです。ただ、無人契約機といっても全くの無人ではないのです。

 

仮に帽子とサングラスをして入れば、直ぐに「帽子とサングラスを外して下さい」とアナウンスがなされます。無人契約機の中はモニターで隅々まで監視されているのです。

 

ようするに、こちらから見えないから「無人」というだけのことですで、社員は機械の裏側あるいは別の場所にある集中センターなどのモニター越しにお客と向かい合っています。

 

申し込み手順は至って簡単で、機械の音声に従って操作パネルを操作し、身分証明や審査書類をスキャナーが読み取っていきます。

 

そして審査に通ればキャッシュカードを手にすることが出来ます。ただ、どうしても対面交渉ではないので窓口審査よりは少々審査は辛めになっているようです。

 

無人契約機で気軽に借りるか、それとも恥を忍んで窓口で多めに借りるか、どちらを選択するかは本人次第ということです。


失業給付金制度

長期不況が続く中、いつ何時、失業の憂き目にあうかもしれません。そうなれば収入もなくなり各方面の支払に困窮してしまいます。そういった際、役に立つのが失業給付金制度です。失業給付金とは、働ける状況にあることが前提となっています。

 

しかし、妊娠や出産をしてしまうと、働ける状況にないと判断され、給付金を受けることが出来なくなってしまいます。そこで給付金の先送りを行う必要が出てきます。

 

前述の通り、失業保険とは働く意思があり、働ける状況にある人が受け取ることができる給付金です。しかも通常は、退職の翌日から一年以内にもらい終えることが原則です。

 

ところが、妊娠・出産をして仕事を辞めた人は、働ける状況にないという判断を下されてしまいます。これでは、給付金を受け取る期間が過ぎてしまいます。そこで、ハローワークに給付延長申請を提出して、失業給付の延長を行った後、給付金を受け取るという方法があります。

 

この制度は妊娠や出産の場合のみでなく病気や怪我、あるいは家庭内の病人介護などにも適用可能で、30日以上働けない理由があれば、失業給付の受給期間を先送りできるという特質を持っています。

 

また、延長期間も最大三年間まで可能なので、退職してから三年後に、育児が一段落したところで、失業給付金を受給しながら就職活動をスタートさせることも可能です。

 

ここで気を付けたいのが、先送り期間が経過した際のことで、期間が経過したらハローワークに離職票を提出し、失業給付金の受給手続きを実行しなくてはなりません。黙っていても自動的に給付金が受給できるというわけではないということです。

 

債務整理の中でも一番多いのが自己破産

0

自己破産とは、任意整理を執行しようにも配当する資金が皆無の場合、あるいは全く資金のない場合に、借金地獄から脱出するための最後手段ともいえます。

 

借り入れ(債務)の支払いが不能になった場合に自己破産・免責の申立を行い、裁判所から債務の支払責任を免除(免責)してもらう手続き一式。

 

自己破産手続が全て終わらなくても、「自己破産申立て」を行った時点で、申立てを行った裁判所から各金融業者へ「意見聴取書」が送付され、取立てが規制されますので、取立ては止まることになります。

 

自己破産の費用は、債務者(破産申立人)自らが手続きを行う場合と、弁護士や司法書士に手続きを依頼する場合では当然、大きく費用が違ってきますし、同時廃止事件になるか、管財事件(少額管財事件)になるかによっても費用が異なってきます。

 

自己破産の手続が全て終わる期間は、

債務者(破産申立人)の事情や債務状況、弁護士に依頼しているかどうかで異なりますが、早ければ「約3ヶ月」、遅ければ「1年以上」かかる場合もありますが、平均的には「約半年」程だと思います。

 

通常支払い不能というのは債務者に資力がないために即弁済を全般にわたって一般的に、また今後も継続的に弁済不可能な状況をいいます。これに該当するかの判断は、財産をもとより信用や稼動能力なども考慮して判断されることになります。

 

したがって人によって、また性別により異なる判断になりますが、一般的に通常のサラリーマンで負債総額(借り入れ金からその人の貯金や不動産等の資産を差し引いた額)が400万円を超えるようであれば、その支払いは極めて困難といえるでしょう。

 

また、子供を抱えた主婦で働くことが不可能であるとか、健康を害して働くことが出来ないような状況であれば、負債総額が200万円くらいでも極めて困難であるといえるでしょう。

 

更に、任意整理が困難な場合というのも、一般的な目安になります。分割払いで三年以内の完済が不可能な場合は、自己破産の申し立てをしたほうが得策かもしれません。

 

自己破産に必要な書類。自己破産の申し立ては破産しようとする人間の住所地の地方裁判所に対して行います。破産の申し立てで容易する書類として、

  1. 借用書、契約書、領収書、カードといった負債に関する証拠書類。
  2. 戸籍謄本及び住民票。
  3. 不動産を持つ人はその登記謄本、賃貸しているのであれば賃貸契約書。
  4. その他たとえば生命保険に加入している人ならば生命保険の証書など破産する人がいま現在どの程度の資産があるかを示す資料。
  5. 会社等に勤めている人は最近二ヶ月分の給与明細や源泉徴収票などがあります。

自己破産申立書と書類。自己破産申立では自己破産申立書、陳述書、債権者一覧表、資産目録、家計全体の状況などを作成する必要があります。このような書類で分からないことがあれば、裁判所の書記官に相談するとよいでしょう。

 

なお、自己破産の申立書の書式は裁判所で用意しているところもありますので、確認するとよいでしょう。

 

ノンバンク

ノンバンクとは、消費者金融会社、クレジットカード会社、リース会社、事業者向け金融会社など、銀行以外で貸出業務をしている企業を一括して呼称します。

 

ノンバンクは、業務内容と規模が多種多様で、店舗設置などの規制が緩やかであるため、業務展開に機動性があります。

 

また、融資審査がやさしいのでスピーディーな融資決定が可能ですが、その反面、融資の焦げ付き等で不良債権を抱え易いなどの難点もあります。

 

70年代以降、銀行など往来型金融機関が進出しかねていた個人向け小口融資やリスクの高い分野を融資先として開拓し、融資残高も急速に拡大していきました。

 

その後、バブル期に不動産関連融資などを中心に巨額の不良債権を背負った結果、倒産や廃業に陥ったノンバンクも少なくありません。

 

金融機関や事業法人が子会社として設立したノンバンクが経営不振に陥り、親会社本体の経営が苦境に陥った事例もありました。

 

更に、社会的に高金利批判が強まり、その結果、出資法の上限金利が数回にわたって引き下げられていきました。

 

バブル崩壊に伴う倒産に加え、金利上限引き下げに伴って、中小ノンバンクの廃業が相次ぎノンバンクの企業数・融資残高はここ数年、
減少傾向にあります。

確実に大手消費者金融の審査に通るためには

以下の三項目に合致すれば、ほぼ間違いなく審査に通るでしょう。
・現在の勤務先の勤続年数が三年以上

 

・年収が300万円以上

 

・現在の借り入れがゼロで過去にも事故歴がない
他にも居住先が持ち家か賃貸といった審査基準もありますが、通常の融資金(50万円)
なら、年収の勤続年数で決まるでしょう。ちなみに金融会社は申込書に記載された勤務先
へ在籍確認の電話はしますが、勤続年数の確認はしません。つまり、勤続年数は自己申告
ということになります。

 

上限金利

信用保証協会とは、中小企業が金融機関から融資をうける場合に、その保証人となることによって中小企業金融を助成する目的で設けられて機関です。

 

信用保証協会は昭和12年に社団法人として東京に設立されたのが最初で、その後各地に設立されましたが、昭和28年に信用保証協会法が制定されてからは、この法律に基づく特殊法人となりました。

 

現在は全国に52協会があります。信用保証協会の性質は、公共的なものですが、その保証の性質は通常の民法上の保証です。この点は、信用保証協会が代位弁済したときに他の保証人にどれだけ求償できるかということと関連して問題となりましたが、多くの判決は一般の保証と同じであるとし、頭割でしか他の保証人に求償できないと判断されています。

 

その後、信用保証溶解は他の保証人等との間で自己の負担部分がゼロであるという特約を設け、他の保証人や担保提供者に対して全額求償できるようにしました。なお、信用保証協会は商人ではありませんが、主債務者が商人であるときは、代位弁済をした場合の求償権の時効期間は5年とされています。

 

消費者金融を選ぶ際のポイント

キャッシングで失敗しないためのチェックポイント

貸金業登録業者であること。
金利が法定金利である18%以内であること。
出来れば大手銀行系の業者で借りること。
審査の甘さのみに固執してしまうと、違法業者に当たってしまう。

この4つを基準に自分の理想のキャッシング会社を選びましょう。
当サイトで紹介した消費者金融がお役に立てれば幸いです。